国内の女子中高生を対象に健康実態調査を開始

〜現役学生のリアルな脚のお悩みを調査〜

株式会社GakuNavi(代表取締役石井政隆、大阪府大阪市)はピップ株式会社(代表取締役社長 松浦由治、大阪府大阪市)と共同でコロナ禍における国内の女子学生の脚の悩みの解決を目的とした健康実態調査を実施することをお知らせします。
また実施にあたり、調査にご協力いただける教育機関も2022年8月より随時募集します。

調査実施の背景と目的

現在、国内の女子中高生はこれまでの外出自粛や部活動の制限など、様々な行動制限によって運動不足に陥り「重ダル脚」の悩みを抱えていることが考えられます。

そこで、学生のリアルな声を調査することを得意とするGakuNaviは、長年人々の身心の健康に寄り添ってきたピップ株式会社と共同で、学生がより自分らしく学生生活を満喫できるようにサポートすることを目的として、女子中高生を対象に健康実態調査を実施します。

調査を通じてコロナ禍において女子中高生が抱える健康に対する悩みの実態を把握するとともに、商品提供などを通じて「健康に対する悩みの解決」と「学生生活の満足度向上に向けたサポート」を目指します。

GakuNaviによる事前調査の学生達の声 ※回答学生個人の意見

・「起きて足がむくんでいると一日気持ちが落ちる…」
・「デートの時むくんでいると楽しくなくなる…」
・「足が太く見えるのが嫌だ…」
・「学校を休もうかと考えてしまう時がある…」
・「足がだるくて授業に集中できない…」
など
運動不足や生活習慣からくる脚の悩みがあると、気持ち的な面に影響が出て、学生生活や恋愛、プライベートなどにも影響するという声が多く見られます。

※GakuNavi調べ 2022年3月 国内の女子中高生を対象に実施

ピップによる一般女性を対象とした調査結果

20~40代の女性300名のうち、69.7%が「脚の重ダルさ」に悩んでいることが判明
※ピップ調べ 2022年6月 20~40代女性 N=300

女性が抱えている「重ダル脚」は、着圧レッグウェア「スリムウォーク」でサポートが可能です。医学から生まれた段階圧力設計で、脚を軽やかにスッキリと美しく整えます。

今回実施予定の健康実態調査の内容

GakuNaviは、学生がより自分らしく学生生活を満喫できるようにサポートすることを目的として、ピップと共同で健康実態調査を実施します。

調査内容は以下を想定しており、2022年9月以降、数回に分けて行う予定です。
※調査にご協力いただける学校を随時募集しています。

・「重ダル脚」の実態調査
・コロナ禍で変化した学生の生活スタイル
・健康に関する意識調査
・季節(シーズン)毎の健康実態調査
・商品利用前後の感想を調査
・ブランドイメージの調査
・「美脚」に関する意識調査 など

株式会社GakuNaviについて

商号:株式会社GakuNavi
所在地:大阪府大阪市中央区博労町2-6-7大バスビル心斎橋4F
設立:2020年3月24日
代表名:石井政隆
URL:https://gakunavi.co.jp/
学生が自分らくし成長でき、自分の将来にワクワクできる社会を学生達と共に目指します。

ピップ株式会社について

商号:ピップ株式会社
所在地:大阪府大阪市中央区農人橋二丁目1番36号
創業:1908年(明治41年)
設立:1946年(昭和21年)12月18日
代表名:松浦 由治
URL:https://www.pipjapan.co.jp/
「THE WELLNESS COMPANY」(人々の身心の健康に貢献する企業)の実現を目指します。

PRサイトの掲載記事はこちら
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000014.000060309.html

このページのTOPへ